Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



究極の自己中。

とうとうロベルトの本性がでた。


今朝、チャドが旅行ガイドを見せてくれて、
次の滞在予定のエルチャルテンのアドバイスをくれた。
で、朝食をとりながら会話。
ロベルトは話について来れないらしく、
キッチン作業を続けてた。


チャドがトイレに立って、2人になった瞬間、
「明日出てってくれないか?」


・・・。
意味も分からず呆然。
「ロベルトの希望通り、金曜に変更したんだよ?」
って言ったけど、もう聞く耳持たず。


そもそも金曜日にしたのも、彼の要望。
元々は週明けの月曜日、20日に出発予定だった。
でも、土日はゆっくりしたいし忙しいんだ、
月曜日は土日明けで忙しいんだ、
という根拠の無い上に理由にもなってない言い訳をされて、
というのも出て行くのはロベルトじゃない、
彼がすることは何も無い。
で、仕方が無いから3日早めた。


で、17日のチケットがあることを確認して、
それを買いに行こうとしたら明日出て行けと。


彼の言い分は、
「金曜日に出て行くって分かっているのに、一緒に過ごすのが辛い」
に始まり、
「チャドに教えることがあるのに、朝から観光の話をされるのが嫌だ」
と、5分くらい話してたことを責められ、
「出発の話を持ち出されるのが嫌だ」
と、そもそも自分が持ち出してきたことなのに責任転嫁され、
「お前がどういうプラン立ててるかは関係ない、これはおれのプランだ」
と、最上級の自己中発言が出てきて、
「今週はもうやることが無いんだ、いられても困る」
やっと本音が出てきた。


要するに、この1ヶ月を使ってほとんどの作業を済ませて、
ガーデンの草刈り、ゴミ処理、フェンス修復、なんやかんやと終わらせ、
今はイチゴの世話がメインになっている人間は必要ないと。
おまけに、
ガーデニングの仕事に集中できない、ただのトラベラーはいらない」
とまで言ってきた。


さすがにカチンと来た。


でも放置。
1ヶ月もいると慣れてしまうもので、不思議。


とりあえずこれ以上一緒にいる必要も無さそうなので、
なるべく早いバスを予約することにした。


虫歯の件もあるので、早い目に旅を展開させていこうかと。
これもまた良いきっかけ、そしてネタになる良い思い出。
ロベルト、悪い人じゃないんだけどなー。
なんでかなー、子供っぽいのは。


ということで、15日の水曜日の夜中に出発することにした。
丸々1ヶ月、長かったなー、この生活。
色々勉強させてもらった。


出発まであと2日。