レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



HusavikとMyvatn、GodafossとDettifoss。

ふかわりょうさんの本、

風とマシュマロの国、を読んでいて

どうやら彼がフーサヴィークやらミーバトンのあたりを

そこそこ好んでいるような感じのお話だったので、

今回行ってみることに。

 

アークレイリから車を走らせて1時間ほどで

まずはフーサヴィークに到着。

 

この街はクジラを見に行くツアーで有名な町。

今回は時間があまりないのでスキップすることにしたけど、

3時間程度のツアーで7~8000krらしく、

おそらくちょうどいい感じのツアー。

アラスカでは倍の時間で倍の金額、

正直長そうだったので行かなかったけど、

ここ、フーサヴィークでのツアーならちょうど良さそう。

 

とりあえずスーパーでちょっと買い物をして、

港の様子をちょこっと観察して、

インフォメーションセンターで情報収集をして

さっさと街を出て行くことに。

特にこれと言ってなさそうな街だった。

 

本当はフーサヴィークに行く前に行く予定だった滝、

ゴーザフォスへいくことにした。

先に行かなかった理由はすっかり忘れていたから。

そのためちょっと回り道してます。

 

ということで、Godafossゴーザフォス。

f:id:T-Kanno:20141005183858j:plain

 

滝も沢山見ているので

それほどの感動を味わうこともないけど、

それでもやっぱり大きいとかっこいい。

 

そして次ぎに行ったのがミーバトン。

これは湖の名前で、街の名前ではなく、

近くに色々と小さな街があるくらい。

 

名所としてあったのが地獄谷のようなところ。

と、硫黄臭い水色の池。

触ってないけど、熱いらしい。

 

この辺りもさらっと流して、Vitiという山の上にある湖へ。

地熱発電のプラントを通り越して、

山の上までいくとそこはもう風が強い・・・。

そんな中をサンダルでてくてく歩いて、

登った先からはきれいな景色。

 

いい眺め。

f:id:T-Kanno:20141005184014j:plain

 

パイプラインもあって、羊もいた。

 

景色を堪能して、次に向かったのがDettifoss。

デティフォスは水量がヨーロッパで一番多いらしい。

 

そして今日の宿泊場所Egilsstadirまで一気にドライブ。

 

いやー、本当に移動が長い。

 

夜の6時くらいには着いて、明日に備えて準備。

 

明日はいよいよLIFE!の撮影で使われていた場所へ。

楽しみだ。