レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



雲取山、1泊2日。

家を担いで雲取山へ1泊2日。

 

行ってきました、テントを背負って山登り。

所は奥多摩、都内で一番高い、雲取山2017m。

出発地点からの標高差1477m。

 

塔ノ岳の標高差1200mよりもあるのに、テントを担ぐ。

いやー、考えただけでもしんどそう。

 

まぁ余計なことを考えても仕方がないので行ってみた。

ただ、二人とも体調がすぐれないというのが不安要素。

 

何とかなるさ。

 

これまでにしっかりと検討して購入してきた道具をしっかり確認。

そして食事もなるべく楽に済ませられるように考えて、

でもお金をなるべくかけないように、というバックパッカーの考え方。

帰国してもうすぐ2年、でも思考回路はそのままです。

 

ただ、今回のこのテント泊をして

あの頃と大きく違っていたと気づいたことが一つ。

 

身体が細くなって、力がない。

 

バックパッカー中に背負ってた荷物、約20-25kg。

今回のバックパックの中身、15kg。

 

変わらないくらいに重く感じた。

 

やっぱりこんなリーマン生活してたら身体に悪い。

パソコンと友達?くそくらえです。

いや、パソコンは大切だけど。

むしろ無いと生きていけないけど。

 

ま、そんな生活の話は置いといて、

そんな荷物を背負って山を登るというのがしんどい。

 

家を出るときの二人の荷物配分は13kgと10kgだったけど、

バス停を降りて少し坂道を歩いた時点で、15kgと8kgに変更。

 

体力的に、やっぱり厳しいらしい。

 

で、登ってみた。

 

きつい・・・

きつすぎる・・・。

 

鴨沢バス停を出発して、

雲取山の登山口までも長かったけど、

そこから堂所までもまぁ長く感じた。

 

でも、そこまでは大した急坂もなくよかった。

それなのに、それ以降が試練のようにしんどかった。

一歩一歩がすごく重い。

肩と腰のハーネスがすごく痛い。

 

道中、

一体なんでこんなことをしているんだろう

と思わずにいられないくらいだったけど、

こういう自分との闘い、みたいなのが嫌いじゃないから仕方がない。

ちょっとずつ休憩しながら登り続ける。

 

七ツ石山の頂上へは翌日に回して、

この日はまき道で奥多摩小屋まで。

 

途中、きれいな景色が広がってた。

富士山も見れた。

 

14時半くらいにテント場へ。

一人400円の幕営料を払って、テントを設営。

やっぱりいい場所はなくなってしまっていたけど、

割といいところが見つかった。

 

ちゃちゃっと設営して、こんな感じ。

f:id:T-Kanno:20130807204706j:plain

 

汗臭いのでぱぱっと着替えて、

散らかした荷物をざっと片づけて、

さっさと夕飯。

 

やっぱりいい、外で作って食べるのは。

ベーコンと玉ねぎのクリームチーズマカロニパスタ。

f:id:T-Kanno:20130807204513j:plain

 

ハヤシライス。

火が強かったからちょっと米が焦げてしまったけど。

f:id:T-Kanno:20130807204526j:plain

 

最後にクッカーを洗うのを兼ねて、シジミスープ。

 

お腹いっぱい。

 

せっかくビール持ってきたけど、結局飲まず。

プリングルスも食べず・・・。

500gの荷物はただの重しだった。

 

というところで21時くらいに就寝。

虫もたくさんいたけど、小さいから問題なし。

 

3時半に起きて、4時に軽装で雲取山山頂へ。

向かっている途中、4時半に日の出が・・・・・!

結局、林間から日の出を拝む。

けどそのままとりあえず山頂へ。

 

一等三角点もしっかり拝む。

傍らには内務省地理局の頃の大三角点も。

もう一個、小さめの三角点もあった。

f:id:T-Kanno:20130807204544j:plain

 

で、帰り道にじっくり富士山を眺める。

山頂は雲。

f:id:T-Kanno:20130807204813j:plain

 

テントに戻って朝ごはん。

6時には作りはじめた。

カップラーメンとそば。

 

テントも片づけて、パッキングして、8時に出発。

帰りには七ツ石山山頂を経由して、

ハイスピードで下山。

 

というのも、11時20分のバスに間に合わせるため。

七ツ石山経由でなければ余裕だけど、

経由したことで危うい時間に・・・

 

休み少なめに必死に歩いた。

おかげで何とか間に合って安心。

とにかく暑い。汗びっしょり。

 

帰りの電車に揺られながら、夕飯を考える。

魚が食べたい。

 

ということでサンマ。

と、余ったベーコンを使って野菜炒め。

 

いやー、ビールがうまい!

 

明日は猛烈な筋肉痛が待っていること間違いなし。

次は尾瀬あたりでのんびりキャンプだな。

 

 

Memo

- Equipment

 トレッキングシューズ

 ストック

 ウインドブレーカー

 テント一式

 寝袋、マット

 クッカー、ストーブ一式

 

- Schedule

Day 1

 8:30 奥多摩駅

 8:35 奥多摩駅バス出発

 9:10 鴨沢バス停着

 9:35 鴨沢バス停発

 10:10 登山口

 11:00 昼休憩

 11:15 発

 12:15 堂所

 12:25 発

 13:10 ブナ坂

 14:30 奥多摩小屋

 16:00 夕飯

 21:00 就寝

 

Day 2

 3:30 起床

 4:00 出発

 4:50 雲取山山頂

 5:30 テント場

 6:30 朝食

 8:00 出発

 8:50 七ツ石山山頂

 9:15 七ツ石山小屋

 10:00 堂所

 11:05 登山口

 

 11:20 バス停