レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



尾瀬沼キャンプ。

身体に負担の少ない場所でキャンプ。
ということで今回選んだキャンプ地、尾瀬沼

都内から行くなら夜行バスでのアクセスになるところ、
都内から日光まで電車で移動して、
宇都宮の友達と日光で合流して車で移動。
朝6時に出発して、
日光着が8時半、
大清水駐車場着が10時半過ぎ。

いやー、遠い。
こんなに遠いのか。

二日分の駐車料金1000円を払って、
駐車場を準備万端で10時50分に出発。

テントの重みを感じながら平凡な道を歩いて1時間、
ようやく一ノ瀬の休憩所に到着。
キュウリを買って、自家製という味噌も味見。
キュウリがみずみずしくて美味しかった。
味噌も味が濃厚でキュウリにぴったり。

ちょっと休んだら三平峠目指して出発。
ここからが意外としんどくて、45分ほど登り。
無事に頂上に到着して、写真を撮って、
そこから20分ほど下って尾瀬沼に到着。

ビール飲みたいくらい暑かったけど、まだ我慢。

さらに15分ほど遊歩道を歩いて、尾瀬沼ヒュッテへ到着。
早速受付を済ませてテントの準備。

テントを張れるのがウッドデッキの上なので、
ペグが打てなくてちょっと面倒。
風の強い場所ではないので、それほど気にしなくてもいいだろうけど。
とりあえずガイロープでウッドデッキの端にある輪に結ぶ。
めんどくさかった。

そしてさっそく遅めの昼食、というかビールとおつまみ。

この土日、
全国各地で猛暑になってたらしい。
でも尾瀬は高地にあるからか結構涼しい。
夜には肌寒くて10度くらい。

夕方には大江湿原あたりを散策して、
一輪だけニッコウキスゲを見て、ちょっと満足。

f:id:T-Kanno:20140323150202j:plain


でもやっぱりたくさん咲いてる時期に来たい。

夕飯を食べて、
寝る前にちょっと星空を見に。

雲がもくもく出てきたけど、
少しの晴れ間に星が見れた。

そして就寝。

翌朝は4時半起床で5時に尾瀬沼散策へ。
反時計回りにゆっくり進む。
朝もやがきれい。

f:id:T-Kanno:20140323150649j:plain


大して花もないので、
ちょっとペースを上げて沼尻まで。
そしてそのまま三平峠下まで。
というところで水芭蕉の実が食べ荒らされてる跡が。

1日目にビジターセンターで、
「熊は水芭蕉の実を食べに早朝来るんですよ」
というおじちゃんの話を聞いてただけに、
まさかねー、
なんて思ってたけど、
さらに10分くらい歩いた先にまた荒らされた跡が。
しかも結構新鮮。
と思ったら、
「ガサガサ ゴソゴソ バキバキッ!」

いやいやいや・・・。

ということでいったん来た道引き返す。

歩いてた3人で話し合って、
来た道戻ろうか、いや、でも遠いし・・・
ちょっと待ってみよう。

ということでちょっと待って、
再びチャレンジ。

音はするけど、結構遠い。
とりあえず足跡らしきものだけ写真に撮る。

f:id:T-Kanno:20140323150230j:plain


で、急ぎ足で先へ進む。
いやー、焦った。

本当に熊かどうかはわからないけど、可能性大。

そんなこんなで2時間半かけてテントに戻って、
片づけしながら朝食の準備。

出発は9時50分。
帰り道も問題なく、
12時過ぎに大清水へ到着。

今回の反省点。
1. 箸、スプーン、フォークを忘れた。(コンビニでもらった割り箸で対処。)
2. オーバースペックな三脚は邪魔なだけ。