レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



バス移動、34時間。

プエルトモンまでのバス移動。
今回の南米旅行で、
そしてこれまでの人生で最長の34時間移動。
しかもご飯はついてない。


南米に来てから20時間越えのバス移動は慣れてるけど、
さすがに30時間を越えるとちょっとしんどい。
朝の9時に出発して、
途中5カ所くらいに休憩で停車して、
翌日の夕方7時に到着。


長距離バスに乗る場合、
大抵は隣の人と何かしらの話をする。
今回も例外なく色んな話をした。
ドイツから長期休暇で来ているマヌエラ、
1ヶ月半をチリで過ごすらしい。
ドイツの話をしたり日本の話をしたり、
これからの旅行、これまでの旅行の話、
ドイツ情報もちょっとだけもらった。


ドイツ人と日本人は気質が似てると言われるけど、
確かにその通りなのかもしれない。
話をしていてちょこちょことそんなことを感じた。


それにしても、
34時間の移動っていうのはすごいな。
よくよく考えたら、日本では半分もしたこと無い。
大阪から盛岡までが15時間くらいだった。
下関から大阪が10時間くらいだったかな。
てことは鹿児島からでも北海道に行けそうだ。


そんなことを思ってるうちにプエルトモンに到着。
プエルトモンは港街。
でもあまり評判が良くない。
自分の目で確かめてみよう。