レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



ロッキー観光3日目:キャンモア〜バンフ。

キャンモアのホステルをゆっくりと、11時にチェックアウトして、
キャンモアの街を探索。なぜなら雨だから。


この街は国立公園の中ではないので、
大きなスーパーとかがある、生活感のある街。
バンフとかジャスパーは公園内になるので、完全に観光向けの街。
小さくまとまってる、お土産屋さんの多い街。


キャンモアを探索するといっても、
エドモントンやカルガリーみたいな大きな街ではないので、
ちょっとした市場を見て、

変なアートを楽しんで、

バンフへ向けて出発。


バンフまでは数十キロ、天気は相変わらずの雨。


バンフでもTunnel Mountainの近くにあるHooDoosをみて、
(HooDoosは写真の左下)

こっちはバッドランドよりも目立たなくて、
まぁそういう物なんだという事で納得。


観光は早々に切り上げて、遅めの昼ご飯を3時に。
バッファローの肉が食べれるヨーロッパ風のお店。

主張したい部分がよくわからなかったけど、ちょっと高めの値段。

食べたのは牛肉のバーガー。固め。
特別美味しかったわけではないけど、まぁ美味しかった。


食事を終えて、ホテルにチェックイン。
ホテルの部屋で赤と白のワインを飲みながら映画鑑賞。
天空の城ラピュタ」と「紅の豚」。
のんびり。


ワインがもう1本欲しいなー、
なんて言って、カメラと三脚を持って街へ。


夜のバンフ。
結構キレイ。


途中、トロントから来てたカップルに写真を頼まれた。
でも彼らのカメラのバッテリーが無くなってしまってて・・・
なので、自分のカメラで撮ってあげて、メールで送る事に。
トラとウサギ?の耳当て付き帽子を2人ともかぶってた、感じのいい人たちだった。
ちなみに彼らは自分たちが昼に入ったお店に入ってった。
日本語だったら何かお店のアドバイスできたんだけど・・・


そんなことしながらワイン買って、ホテル戻って、
映画の続きを観ながらまたのんびり。
0時過ぎて、就寝。


3日目は贅沢に時間を過ごした。