レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



ベースキャンプ、Talkeetna。

マッキンリーに登る人たちにとっての

ベースキャンプ、タルキートナ。

 

僕らのように単純にテント生活をする人たちには

ただただその大きな違いを感じさせられる場所。

 

もちろんそれも街中にいるだけではわからないけど、

ビジターセンターでいろいろ見ていると違いがわかる。

 

エベレストのように標高の高いところからスタートできる環境ではないので、

マッキンリーに登るのは天気がいまいちな時は世界で最も過酷な山らしい。

もちろん、僕らにはそんなことは感じることすらできませんが。

 

そんなタルキートナ、

意外と町は可愛い感じで、

アイス屋さんとかパブとかお土産屋さんとか、

いろんなお店がメインの通りに並んでる。

 

この町に来た理由はただひとつ、

デナリ国立公園のスタンプをもらうこと。

 

レンジャーステーションでスタンプを押して、

やるべきことは完了。

 

ちょっとしたマッキンリーへのクライミングのビデオを見せてもらって、

帰ろうとしたときにレンジャーのおじちゃんが一言。

 

「昨日の夜中の1時半から2時に、7時方向にオーロラが見えたぞ」

 

本当に!?

タルキートナで見れるの??

 

そしたらデナリでももしかしたら・・・

 

と甘い期待を胸にデナリへ向かうことに。