レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



Ketchikan、雨の多い街。

朝の6時にはケチカンに到着して、

朝ご飯を食べて、準備して、上陸。

 

初めてのアラスカの上陸地。

ここ、ケチカンは雨が非常に多いことで有名な町。

でも今日は晴天。

なんという幸運でしょう。

 

下船時のお迎えはたくさんのツアー会社の案内で、

でももちろんそれらはスルーしてビジターセンターへ。

 

愛想がないけど丁寧なおばちゃんの説明を受けて、

まずは北の方にある公園、トーテムバイト公園へ。

 

市バスを使って片道1ドルという破格で25分、

いい感じの雰囲気の公園に到着。

入園も無料で、トレイルをいそいそと進んでいくと

色々なトーテムポールがお出迎え。

f:id:T-Kanno:20140902045621j:plain

景色もいい感じ。

 

とは言っても大してみるところもなく、

入り口まで戻ってみると他の見所もあるようで

ちょっと離れた場所を散策。

f:id:T-Kanno:20140902045704j:plain

こっちの方が開けていていいかも。

 

入り口のインフォメーションセンターのおっちゃんもいい感じの人で、

ここの公園の印象はかなりいい感じ。

 

満喫して次の行き先、サックスマントーテム公園へ。

トーテムバイトからバスで直接行けるので楽。

 

それも1ドルでそこまで行けるからいいところ。

が、この公園がしょぼかった。

入園料で5ドルもとる割に、見所はトーテムバイトほどない。

完全に観光客をぼったくってるとしか言いようがない。

いくら生活がかかっているとはいえ、これはひどい

今後行かれる人には絶対にお勧めしません。

断然トーテムバイトがおすすめです。

 

基本的にツアー会社の客だけ相手にしているようで、

トーテムポールの修復の様子とかもツアー会社が来たときのみ実演。

クラムハウスの実演もツアー会社のみ入場可という有様。

残念な公園です。

 

そんなサックスマンは一周10分くらいで終わらせて、

バスがちょうど行ってしまったのでダウンタウンまで歩くことに。

だいたい40分強かな、まぁ歩ける距離。

 

鮭がたくさん泳いでいる川沿いを歩いたり、

有名らしい家をみてみたり、

小さい町らしい町歩き。

 

そしてアラスカ最初のビール。

観光地っぽいだけあるパブ。

いい感じのおっちゃんの演奏。

 

あっというまに時間は3時。

船に戻ってのんびり。

 

寄港してるとあっという間に時間が過ぎる。

明日はジュノー。

久しぶりに氷河がみられる。