Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



Vancouverまでの道のり。

道というよりも空路だけど、

ちょっと飛行機のことを。

 

まずはロサンゼルスまでのシンガポール航空について。

評判がすごくいいシンガポール航空

今回乗ったのもエアバスの2階建ての飛行機。

ということで成田でも一番端っこの搭乗口。遠いです。

 

で、乗ってみたものの、特筆するほどの素敵さは見当たらず、

CAの方たちの対応もまぁちょっと良いくらい。

うちの奥様は3回くらいお願いしたことを放置され、

シートについてるTVみたいなのもダウンして

機内食の日本食もだいぶひどかったようで

まぁいまいちとしか言えないところ。

 

ただ、TVシステムダウンの保証というかなんと言うか、

シンガポール航空の機内販売で使えるS$75のクーポンをもらって、

ちゃんとしてるんだな、っていう印象はしっかり受けられた。

 

そのクーポンを使って、LifetronsのBluetoothスピーカーを3000円くらいで購入。

通常なら1万円くらいするみたいだし、得させていただきました。

奥様に感謝。

 

結局1時間くらい遅れてロサンゼルスに到着。

次の乗り継ぎまでちょっくら暇つぶし。

 

といってもこの空港、大きいんです。

 

到着して入国審査して、荷物ピックアップして、

税関を通って、また荷物をドロップして、

次のエアカナダの搭乗口まで移動。

違うターミナルまで移動しないといけなくて、

15分くらい徒歩移動。

 

相変わらず愛想の悪いエアカナダのスタッフ。

もうちょっと他の航空会社を見習ってほしい。

でも搭乗口の男の人はジェントルマン。

カナダの女性は愛想悪いのが普通?そんなことないな。

経験上、男性の方が確実に親切。

 

そんなエアカナダは小さい飛行機。

機内では特に何もなく、じゃがりこ食べて、予定よりちょっと早く到着。

 

バンクーバーの空港では、

以前バンクーバー滞在中にお世話になってたヒデさんに迎えにきてもらって、

そのままTDバンク、ホールフーズマーケットによってもらって、

現金取得と食料確保して、

無事にステイ先に送り届けてもらった。

 

現地でここまでやってもらえると本当に助かる。

感謝です、ヒデさん。

 

ということで、移動は完了。

税関も何もなく通過できてよかった。