Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



ソウルの景色、そして釜山へ。

日本の景色とどうしても同じ様に感じてしまったソウル、
それでもやっぱりいい眺めだと思った場所はあった。


ソウルにはソウルタワーという、
まぁ言ってしまえばどこの街にもある様なタワーがあって、
中心街からはビルに隠れない限りはどこからでも見える。
目印になっていい感じ。

これはNamsangol Hanok Villageと言う場所からの眺め。

この場所は昔の建物をそのまま残している場所で、
本当に日本に近い雰囲気だった。
落ち着く感じ。


日本に帰るんだな、という事実をひしひしと感じた。


そしてもうひとつ、Bampo Bridgeという橋でのショー。

これは毎日やっているショーで、20時からスタート。
21時からもやってるらしい。他にもやってるんだろうけど。


向こう側にはソウルタワーも見えて、写真を撮るには丁度いい感じ。
ただ、中国人観光客がわんさか。
しかもみんな三脚持参。
これくらいなら三脚なくても撮れるのに・・・なんて。
あったら便利なのが三脚。


何人かは友達とも会えたし、とりあえず満足。
体調を崩してしまったので、すごく満喫できた、とは言えないけど、
一通り見るべき所はみたし、景色がきれいな所も行けたし、
ソウルはこれで終了。
まぁ1週間もいて2カ所だけか、とも言われそうだけど。



そして次は南の釜山へ。


この移動、フリーシャトルが外国人観光客向けに出ていて、
定員オーバーだと抽選になるけど、今回はこれを使うことに。
5時間かかるけど、無料は嬉しい。


釜山の目的は、バンクーバーで一緒にホームステイしてた友達に会うこと。
ソウルにも一人いたけど、彼の仕事が忙しくて結局会えなかった。
こっちの友達は今は仕事してないので、暇らしい。


ということで釜山到着後、すぐに会うことになった。
1年半ぶりに会った彼女は相変わらずで、元気いっぱい。
観光名所を案内してもらって、ご飯食べて、色んな話をして、
2年前に会った時と何も変わらない感じが良い。


やっぱり友達は大切。
釜山にいる間はいっぱい相手してもらおう。