Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



バルセロナでアート巡り。

スペインでの楽しみの1つがアート。
バルセロナでの一番の期待はピカソとダリ。


パリのピカソ美術館が閉まっていたので、本場のこちらで。
ということで行ってきたピカソ美術館。


作品は年代ごとに別れていて、
初期の作品からブルーピリオド、ローズピリオド、
エッチングの作品はまた別に展示されていて見やすかった。
ただ、インパクトが少なかったかな。
いやもちろん、どれもすごい作品なんだけど。


中では写真を撮れなかったので、伝えにくい。


で、もう一つの目的、ダリ美術館。
こちらの美術館はすごくこじんまり。
でも作品の数はかなり多くて、しかもインパクト大。


ダリのぶっ飛び加減がすごく良くわかった。
常人じゃありませんね、彼は。


好きだった絵はこれ。

何とも言えないシュールなダリらしさと、
オレンジの色使いがとても好き。
ちょっと派手だけれども。


それと、すごいなと思ったのはこの作品。

写真は一部だけど、どうやらイベントのために作ったみたい。
で、この作品は花火だか爆破で壊すためのもの。


岡本太郎の言葉を実践してたのがダリ。


芸術家ってすごいな。


バルセロナの中にはあちこちにアートがあって、
ミロの作品があったり、ガウディの作品があったり、
そしてもちろんダリの作品もある。
多分この辺りもダリの作品。

凱旋門に街灯。


いちいち、街灯とか小物、建物がオシャレ。
こういうのがなんかすごく良い感じ。


のんびりするのにバッチリな街。