レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



ジャズフェスティバル中心の1週間。

25日に始まったジャズフェスティバル。
毎日毎日、何かしら面白そうなイベントがどこかしらである。


友達が来てたこともあって、2年前の6月、大阪での日々を思い出す様な・・・
とりあえずあっちこっちに出回って、やることをやりながら充実した日々。


26日にはモントリオールで一番好きなジャズバー、UPSTAIRSへ。
有名だから観光客が沢山来るけど、
それにも負けずにハイクオリティであふれる場所。
この日はベーシストのGARY PEACOCKが
ピアニストのDAN TEPFERとのデュオ。


GARY PEACOCKはBILL EVANSのアルバム、TRIO64で知ったベーシスト。
聴き易いベースラインだけど、
たまに崩したリズムが好みで、色々真似した覚えがある。
もう75歳を超えたおじいちゃんだけど、まだまだ健在。
ステキなベースを聴かせてもらった。


27日はESPERANZA SPALDING。
グラミー新人賞をとって一躍有名になった。
アフロヘアーにウッドベース
キレイな声にカッコいいベースライン。
コンサートの演出も素敵で会場はスタンディングオベーション。
席もかなり前の方だったから見やすかった。
オランダでもみれるのが楽しみだ。


28日はフリーのコンサートでFRESHLYGROUND。
アフリカ出身の彼ら、南アフリカでのワールドカップの曲も歌ってる。
SHAKIRAが歌ってたWAKA-WAKAが有名。
キレイで伸びやかな声がステキだった。


29日はDAVE HOLLAND QUINTET。

ベーシストのDAVE HOLLANDはビッグバンドでのCDも多く出してて、
カッコいい、の一言で済む様な、本当にカッコいい演奏をつくる人。
席は2列目の真ん中で迫力満点。


この日はサックスにCHRIS POTTERがいた。
というか、皆が皆、もの凄くカッコいい演奏をした。
ヴィブラフォンのSTEVE NELSONなんて、
一体どうやって叩いているのか分からなかった。
トロンボーンもドラムも、なんかもうカッコ良過ぎて鳥肌。


こんな演奏をまた聴きたい。
スタンディングオベーションが3回。
今のところの1番はこれだなー。


30日〜2日はまぁまぁな感じで、
フリーの野外演奏のみ、ふらふらしながら聴いてた。


友達もみんな帰って、
やることも急にヨーロッパの準備だけになって、
急に現実に戻されたような気がして不思議な感じ。


でも明日、3日にCHRISTIAN MCBRIDEが残ってる。
これが一番の楽しみ。
あと2日だー。