Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



Festival International de Jazz de Montreal。

モントリオールの滞在、3回目。
そして今回のモントリオール訪問の目的はジャズフェスティバル。
そんな目的のジャズフェスティバルがいよいよ開始。


今年は6月25日から7月4日まで。
一応、ベースをやっていた身分として、ベーシストはチェック。
観たいベーシストをピックアップして、
ニューオーリンズにいた時に予約済み。
こっちに来てから予約したのもあるけれど。


Bill EvansのTrio64で知ったGary Peacock、
グラミー賞でさらに有名になったEsperanza Spalding、
ビッグバンドのイメージが強いDave Holland
そして憧れのChristian McBride
Stanley ClarkeはNYCで観たばかりだから今回は遠慮。
Christianも観たけど、また観たいものは観たい。


他にも沢山の有名アーティストはいるけれど、
カナダで一番大きなジャズフェスティバルだから当然。
北米で考えてもかなり大きい方。
魅力的なのはフリーの演奏が多いこと。


初日のこの日はBen l'Oncle Soulというフランスのアーティスト。
このアーティストを知ったのは丁度1年くらい前、
何とも言えないポップでまったり、センスのいいメロディが好きで、
フリーのイベントでは一番楽しみ。


やっぱりカッコいい。


盛り上げ方も知ってるし、
演奏も歌ももちろんカッコいい。
フランス語だからMCで何言ってるのか分からないけど、
それでもいい音楽はいい。
とにかく楽しい1時間半だった。


それにしてもすごい人。
こりゃ帰るのも大変だ。


とりあえず毎日、楽しい時間が過ごせそうだ。
北米最後の10日間、楽しもう。