Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



ついにNew York、そしてBirdland。

アメリカへ渡ってから約1ヶ月、
つまりはジャズを楽しみ続ける事1ヶ月、
とうとう到着したニューヨーク。


ジャズといえば、ニューヨーク。
というくらいに有名なジャズクラブがある大都会。
ニューオーリンズもかなり盛んだけど、また違った有名さ。
ニューヨークでどれだけの有名なミュージシャンが演奏した事か・・・。


まだまだジャズを追う旅行は続くけれど、
恐らくここが一番楽しくて思い出になる場所。
もちろん、それ相応の出費は覚悟。


何やらお店によってはドレスコードとして、
ビジネスカジュアルを要求している様なので
まずはショッピング。


さすがニューヨーク、お店が多い。


Brooks BrothersやらBarneys New Yorkやら、
Banana RepublicとかZaraとかGapとかH&Mとか、
もう手当たり次第、高い所も安い所も見てみた。


で、結局は安めのお店で買う訳で、
シャツ、麻のスラックス、ベルト、革靴を買って準備万端。
ちょっと大きな出費だけど、久しぶりのショッピングにも満足。


そして行ってきました、Birdlandへ。

お店の名前はCharlie Parkerの愛称Yardbirdからとられてる。
この日はKenny Barron Quartet。
何となく上品さを漂わせるピアノの音色が好きで、
特にバイオリニストのRegina Carterとの演奏はお気に入り。


そんな彼のカルテットを楽しみにしていた理由がベーシスト。
北川潔。


大阪出身の彼は澤野工房からも何枚かCDを出していて、
ジャズ研の先輩にギターとのデュオのCDを借りてから好き。
日本人ベーシストでは一番好き。
だからこそこの日はかなり興奮。


何ともいえない満足感。
カッコ良過ぎです、北川さん。


北川さんと一緒に写真撮ってもらっちゃった。
すごく優しかった。


もちろん、ケニー・バロンとも。
粋ですね、ケニー・バロン。


満足、本当に大満足。
幸せだ。
もっとジャズの事を知ってたら楽しいんだろうな。