レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



首都のWashington DC、4日間。

デトロイトを後にして、
Megabusを使ってPittsburg経由でWashington DCへ。


Megabusは格安のバス会社。
北米ではGrayhoundがメインだけど、
基本的にはメガバスの方が安い。
たまに驚きの1ドル路線に巡り会える。
そしてバスではWiFiが使えるというステキバス。
ただし、東海岸が中心で、ネット予約が条件。
中国バスって呼ばれてたりもする。


そんなバスを乗り継いで到着、首都DC。


首都と言えばこれ、

White House。
常に警官が策の外にいて、
そしてちょっと離れた所からも監視してた。
そしてたまにホワイトハウスの屋上にも人影が・・・
厳重の一言。


そしてDCに行くといって情報収集をしてから、
色々とおススメされたのが無料のミュージアム群。
Smithsonian Mall、と呼ばれるこのミュージアム群、
かなり規模が大きい。


Air and Space Museumとか、飛行機とかスペースシャトル、
戦争の事を含めて色々と展示されてたけど、
飛行機に興味がないのでサラッと終了。
WW1とWW2の所だけかな、興味あったのは。


歴史の事は全然知らないのでHistory Museumは行きもしなかったし、
Postal Museumは何とも言えないマニアックな感じだったし、
興味のあったArts and Industriesは改装中で閉館してた。


一番面白かったのはNatural History Museum。

色んな自然、動物の事を知る事が出来るし、分かり易かった。
子供にも分かる様に説明が丁寧だったのが良かったのかも。
ダイヤモンドとか宝石のコーナーもあった。
このコーナーは常に人がいたかな。


スミソニアンとは別物だけど、
National Gallery of Artは面白かった。
なかなか見応えのある美術館。
西館と東館を繋ぐ地下通路も面白かった。

そして個人的にはデガが一番好きになるくらい、デガの作品が良かった。


そんな感じで美術館を満喫して、
でも基本的には観光する場所はそれくらい。
とは言ってもかなりの数。
一日7時間くらいは歩き回ってたから、
3日目には脚の指先に水ぶくれ。


一番歩いたのが3日目、
DCのダウンタウンを出発してから、
川を渡って隣の州、バージニア州へ行ってみた。
目的はもちろんPentagon。
地上から見ても分からないけど、ホントに5角形なのかを見たかった。
恐らくは5角形。


そしてついでにショッピングモールへ。
Pentagon cityという名の駅の横にあるこのモール、
沢山の観光者でごったがえ。
というか子供ばかり。
地下には両替所まであるという・・・。


というのも、バージニア州は衣類にかかる税金がゼロ。
ペンシルバニア州もゼロ。
ついでにニューヨークも、45ドル以下の商品かな、ゼロ。
なかなか州税というのは面白いもの。
カナダはどこの州も高いけど。


シカゴでオーケストラを見て触発されて、
どうにもオシャレをしてジャズクラブに行きたくなった。
なので色々とお店をチェック。


J. Crewのスーツが欲しい・・・なんて贅沢を思ったけど、
予算の関係で購入は即却下。
買物自体を延期。



どこの街も、ダウンタウンが一番栄えてるけど、
オシャレな場所、夜に賑わう場所はダウンタウンではないことが多い。
ということでフラフラしていて賑わっていたのが北の方の18th St.
パブ、クラブ、レストランが沢山並んでて、面白そうだった。
そのうちの1つのカフェでジャズのライブがあったので、
ビール頼んでのんびり、まったり。
こういうのがあるのが楽しい。
演奏もなかなかしっとりした感じで良い時間。


ということでワシントンでの観光はあっさりと、
でもガッツリと歩き回って終了。


桜の季節に来たらキレイで良いかも。