レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



ミシシッピ川を北上してMemphisへ。

楽し過ぎたニューオーリンズを後にして、
Amtrakという電車に乗って北上。
ミシシッピ川に沿ってメンフィスまで。


AmtrakはカナダのVIA Railみたいなものだと思ってたけど、
席はかなりゆったりしてて相当に快適。
しかも値段はグレイハウンドと同じくらい。
そりゃこっちを選ぶ。


で、9時間くらいかかって夜の23時頃に到着。
どうにもこうにも危ない雰囲気・・・。
歩いてホステルまで行く予定だったけど、
駅員にも止められ、タクシーで行くことに。
なかなか寂れた雰囲気で良い感じ。


そんな危ない空気も漂うメンフィス、
ブルースがとても有名で、Beale Streetにはバーが沢山。

B.B.Kingがオーナーのお店もある。


そんなB.B.Kingの使っているギター、GibsonのLucilleの工場がここにある。
もともとGibsonはメンフィスで産まれたらしい。
本社はNashvilleに移ったけど、工場はここに残ってる。


そして10ドル払って工場見学。
27歳にもなりながら、かなり興奮。
だって全部手作りなんだから。
ギブソンのギターが欲しくなった。
高校生の頃に買ったのがFender USAだったのが残念。
ギブソンにしてたらもっと感動しただろうな。


そんなB.B.KingのLucilleっていうのは結構有名なギターで、
ライブ会場が火事になった時に、
会場に忘れたギターをB.B.Kingが取りに行ったという話。
火事の原因が男2人の喧嘩で、その喧嘩の原因がLucilleという女性だった、らしい。
このギターは他のギブソンの同型と違ってfホールがないけど、
それは彼の音の好みだけでなくしてる、っていう話だった。


まぁそんな余計な話はこの辺で。
ちなみにエルビス・プレスリーもこの街を愛したらしく、
郊外には彼の豪邸が残ってるらしい。

街はプレスリーであふれてる。


メンフィスで有名な食べ物がBBQのリブ。
弱火でじっくり焼くから、柔らかくて骨から滑り落ちる様に食べられる、らしい。
ということで食べてみた。
味が薄い、量が多い、でも柔らかくて食べ易い。
というまぁ予想していた様なアメリカンスタイルな食事だった。
写真はFacebookで。
(ジャズフェスのをアップロードし過ぎて、容量がぎりぎりに・・・。)


そしてリバーサイドが散歩に丁度いいんだけれど、
丁度この時はミシシッピ川が洪水でこんな感じ。

もちろん立ち入り禁止になってた。


そんなこんなでなんやかんやと楽しく過ごしたメンフィス、
趣味でもないけど最後にこんなものを観戦してみた。

そう、野球。


メンフィスにはRedbirdsというマイナーリーグのチームがあって、
丁度この日はサクラメントのRiver Catsとの試合があった。


結果はボロ負け。
8−0。
でもピッチャーは普通に95マイル(153km/h)とか投げるし、
グラウンドとの距離が近かったから面白かった。


2泊3日のメンフィス、楽しかった。
ゆっくりのんびりした時間を過ごすにはもってこい。


次はシカゴへ。