レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



ニューオーリンズジャズフェスティバル、最終日はジャズ三昧。

NOLA Jazz Fest、最終日。
いよいよ最終日。
そんな最終日のスタートはちょっと曇り。
良い感じ。


今日はある程度ゆっくりしようと思って、
基本的にはジャズテントのみにする事にした。
これまで色々見たけど、やっぱり好きなのはジャズ。
次に好きなのはボーカルの入っている音楽。
R&Bかゴスペルか、もしくはロックか。


ということでまずはハイネケンと一緒にジャズ。
歌が良い感じだったこのバンド。
SUBR Jazzy Jags

ホーン隊が沢山入る事もあったけど、
それよりも少人数でのスタイルの方がカッコ良かった。


そして次は
Jesse Mcbride presents the next generation。

ピアニストのJesse Mcbrideが若手と一緒に演奏。
若手がみんなカッコ良かった。
こうやって若手を育てていくんだな、と生で観れた。


そしてTribute to Clyde Kerr Jr.

このBig Bandは何と言ってもソロがよかった。
Big Samもいた。
よく見るなー、Big Sam。
今回の滞在で5回見てる。


有名な人が演奏する時はいつも観客が沢山。
ピアニストのこの人の演奏。
Ellis Marsalis。

でも残念ながら演奏はそれほどしっくり来ず。


そしてNew Orleansのオーケストラが一緒のこのバンド。
Irvin Mayfield & the New Orleans Jazz Orchestra

なかなかカッコいい感じ。
でもここでもやっぱりソロが良い。
ソロ以外の場所は譜面通り、という感じで物足りない。
でも音の厚みがすごいあった。


ちょっと気分転換に会場を移動。


Kid Rock。

カッコいい・・・。
まさに、野外フェス!っていう感じだった。
こういう音楽はストレス発散にピッタリ。


次はMaze。
観客は黒人ばかり。
そして観客の服は白が多い・・・。


何故かと言うと、Mazeが白い服を着るから。

そんな彼らの音楽はステキ音楽。ソウルかな。
歌詞も良い感じのもので、周りもみんな歌ってた。


そしてジャズテントに戻って、
今日のメインのこの人。

Sonny Rollins
St ThomasやOleoといったJazz standardの曲を作曲した人。
St Thomasはかなり好きな曲。


そんな有名な80歳にもなるこの人、健在。
でも腰は曲がってて、よたよた。


でももの凄くカッコ良かった。
どうしてその身体であんなソロが・・・。


基本的にはクラシックなジャズスタイルなので、
新しいもの好きには合わないだろうけど、
オールドスタイル好きにはたまらないはず。


ジャズテントがあんなに人であふれたのは初めて見た。
ジャズフェス最後の演奏者に相応しい人。


そんな感じでニューオーリンズのジャズフェス終了。
ということでニューオーリンズの滞在も終了。


明日、AmtrakでMemphisへ移動。
何があるのか知らないけど、とりあえず行ってみよう。


楽しかった、ニューオーリンズ!!
また来たいな。