Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



久しぶりのブラジル、初めてのサンパウロ。

ラパスから飛行機で移動。
航空会社はボリビアのAero Sur。
機体には変な絵。


無事にサンパウロに着いて、宿泊場所へ。
宿泊場所までの移動中に思った事、サンパウロは大都会。


泊まった場所は鹿児島県人会。
パラグアイのペンション園田で聞いていたけど、
旅中に知り合った日本人夫婦が泊まってると聞いて、
その2人に会いに行くことに。


約1ヶ月ぶりに会った二人は変わってなく、
なんとなく、会えた事にほっとした。
お互いの1ヶ月の話、これからの話をして、まったり。


サンパウロと言えば日系人の街。
リベルダージという地域がまさにそこ。
でも日本語を話せる人はあまりいないらしい。


ここら辺には居酒屋も沢山あって、街灯も和な感じ。


スーパーにいけば日本のものが沢山売ってて、
調味料やお菓子、野菜も豆腐も納豆も色々ある。
そんな中から思わず買ってしまったのが「ゆかり」。
好きなものは仕方が無い。
良い場所だ。


リベルダージでは日曜日には屋台が出る。

でも値段は高め。
今川焼1つで3レアル(¥150)とか。
ブラジル人向けなのかな。


とりあえず行きたかったサンパウロ美術館(MASP)に行ってみたけど、
規模は小さめで作品数もそれほど多くない。
でもだからこそ見やすくて丁度いいのかも。
ピカソ、マネ、、ゴッホシャガール、モジリアーニ、ロダン・・・色々あった。
入場料は16レアル(¥800)。


サンパウロに観光場所はあまり無いけど、
生活をするにはなかなかの場所かもしれない。


でも物価が高い・・・特に交通費。
電車、バスに乗るにも1回3レアル前後するし、
あまりバックパッカーには優しくないかも。


すでにボリビアが恋しい。