レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



移動に続く移動、そしてビーニャ。

バスの乗り継ぎ、3本。
プエルトバラスからオソルノ。
オソルノからサンティアゴ。
サンティアゴからビーニャデルマル。


オソルノまでは2時間半くらい。
サンティアゴまでは11時間くらい。
ビーニャまでは2時間弱。
で、目的地についた。


ここは完全に夏。
暑い。
ビーチ日和。
つまりはリゾート地。


宿泊先は日本人宿の汐見荘。
バスターミナルからコレクティーボに乗って。
86か88番に乗りたいところだけど、どうにも捕まらない。
ということで、200番のコレクティーボを捕まえて、
聞いてみたら連れてってくれるとのこと。
約10分、500ペソ。
タクシーの10分の1。


1泊6000ペソで安くはないけど、
他の人のオススメもあって泊まってみることに。
割り当てられたドミは2人部屋。
割と快適。


到着が10時くらいだったので、そのまま魚市場へ。
日曜日だからそこそこ盛んらしい。
でもちょっと時間が遅い。


しかも歩いてみると、到着まで徒歩40分。
遠い・・・。
着いたら10時半過ぎでお店は終いの準備中、
アサリの大きめなものを1000ペソ分、1キロ強買って、
ホヤ貝を600ペソ分、150グラムくらい買って、
アザラシとペリカンを眺めて帰ってきた。

アザラシは犬と格闘中。



で、天気がいいのでビーニャのセントロへ。
電車を使って10分、204ペソ。
専用のカードが必要で、ICOCAとかSuicaみたいな。
購入に700ペソかかって、返金なし。
なので宿にあるのを借りてきた。
なんでこんな不便なシステムなのか不明。
だからバスの方が使用率が高い。
でも中は結構キレイ。


セントロに着いて、
ビーニャで一番大きいだろうショッピングモールへ行って、
他の先進国に負けないくらいのショッピングモールに驚き。

ZARA、Lacoste、Tommyもあれば、Sony Styleとかもある。
そしてStarbucks Coffeeもある。


久しぶりに大きなショッピングモールを楽しんで、
ちゃちゃっとまた移動して、近くのビーチへ。
日曜だったからか結構な人。
でっかい船が見える、ちょっと変わった景色。

海の反対側では、
サッカーをしてる少年たち。

そして踊ってる人たち。
何の踊りかは良くわからなかった。

手前の人は敢えてのぼかし。
結構強烈。


それにしても、都会。
イメージしてた南米をまだ経験してないけれど、
どうやらしばらくは経験せずに過ごすことになりそう。


しばらくはこの街でのんびり過ごそう。