レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



プエルトナタレスに到着。

ポルベニールを朝の8時に出港して
プンタアレーナスに10時半に到着。


ポルベニールの宿から港までのバスは、
船に乗る住民をピックアップしながらだった。
ポルベニールの町をあちこち回りながら、
40分かけて20人程ピックアップ。
家の前に着くとバスがクラクションを鳴らす。
クラクションを聞いた住民はすぐに出て来る。
すごいシステム。


1分くらい待っても出て来ない家に関しては、
スルーしてそのまま行ってしまう。
やっぱりすごいシステム。


ちょっとした町中バスツアーだった。


そんな今日の天気は小雨。
移動するだけだから小雨でも問題なし。
船の運航にも問題なし。


プンタアレーナスに着いてから、
プエルトナタレス行きのバスチケットを手配して、
午後3時のバスでプエルトナタレスへ。


一緒にポルベニールに行ってたイスラエル人は
これからウシュアイアに向かうのでここでお別れ。
短期間だったけど、楽しい時間を過ごせた。
やっぱり旅の出会いは貴重なもの。


これからの予定は、
プエルトナタレスに行ってパイネ国立公園を回って、
もう一度プンタアレーナスに戻ってきて、
プエルトモンへ直行することに。
移動はチリのバス。


アルゼンチンのバスよりも、
チリのバスの方が値段が安い。
プエルトナタレス→カラファテ→バリローチェ→プエルトモン
だと料金は約700アルゼンチンペソ。US170ドル。
プエルトナタレス→プンタアレーナス→プエルトモン
だと料金は39000チリペソ。US110ドル。
アルゼンチンバスは接続も悪いので、チリバスに決定。


ただ、10日の朝までバスが無い。


ということでプエルトモンに11日に着く事になった、
これが一番痛いところ。
予定よりも3日遅い。


せっかくなので、色々と旅程変更を考え中。
思ったよりもお金を使ってしまってるのもあって、
無駄な移動を避けて訪問都市を厳選していこうかと。
メンドーサのワイン、ウルグアイの肉をあきらめて、
ペルー、ボリビアの訪問にしようかな。
何せ物価が安い。


そんなことを考えてるうちにプエルトナタレスに到着。
バスを降りて宿の客引きの話を聞いてたけど、
値段はどこも似た様なもの。
ということでどこぞの情報ノートで仕入れた情報を元に宿探し。


決めた宿で部屋を案内されたら
「あ・・・!!」
そう、またもや再会。
カラファテで一緒だったチャリで世界1周中の方、ヨシさん。
まさかここで会う事になるとは。
ゆっくり色んな話を聞くことにしよう。


2011年、良い感じで地球は回ってる。