Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



チリ側フエゴ島にある唯一の村、Porvenirへ。

今後の旅程を考えながら寝て、そして起きた今朝。
プエルトナタレスに移動しようとしたら、
バスもフェリーもストライキでストップ。


なんてこと。


なんとなく気分が変わったので、旅程変更。
10日にプエルトモンへ向けて出発することにした。


この急な旅程変更で時間が出来たので、
プンタアレーナスからフェリーで2時間半のところ、
フエゴ島にある村、ポルベニールへ。


ポルベニールへは不定期にフェリーが出ていて、
プンタアレーナス、15時発の便を発見。
帰りは翌朝8時。
1泊しないといけない。
まぁそれはいいや。
フェリーは片道5100チリペソ。
港まで行きの片道350ペソ、帰りは1000ペソ。


同じ宿に、ポルベニールに行こうとしてるイスラエル人がいたので、
スペイン語も頼りになるので一緒に行くことに。


そんなこんなで着いたポルベニール、
予想通りに何も無い、のどかな街。


着いてからの宿探しに苦労した。
この町にはドミトリーというものが無いらしい。
どこもホテル。
ホステル、って看板に書いてあってもホテル。
どこも1人15000ペソする。
ツインの部屋でも25000ペソ。


でもそんなホテルで
「安いところを探してるんだけど」
と伝えると、親切に教えてくれるから素晴らしい。


聞き回って一番安かったところが1人8000ペソ。
連れのイスラエル人が交渉してくれて1人7000ペソになった。
素晴らしい。


この宿はバス・トイレが共同で、朝食がついてないから安い。
そしてそれほどキレイでもない。
でもバックパッカーにそんなものを求める余裕はもちろん無し。


宿が決まって一安心して落ち着いて、
一緒に夕飯の食材を買いに行って、
ついでに町をふらっと散歩。
この町の木はみんなカットされてる。

なんか変な感じ。


帰ってから夕飯を作って、
お互いの国の話をしながらご飯を食べて、
映画を見ながらビールを飲んで、
翌朝のために早目の就寝。


フエゴ島のこの町を見るためだけに来た様なものだけど、
やっぱり田舎の町の人の方が穏やかだと肌で感じられた。


羊ものんびり暮らしてる。

どこかの町に長期ステイしたいな。


さて、明日はプエルトナタレスへ。