レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



ウシュアイア観光。

元旦の宴は深夜3時半まで続いて、
でも2日はウシュアイア最後の日、
ということで8時半に起きて、
インフォメーションセンターで情報収集。


ビーグル水道のツアーに参加してクルーズを楽しむか、
国立公園に行って、3号線の果てを見に行くか、
インフォメーションセンターの人に相談してたら、
「あれ!?」
という背後からの声。
振り返ってみると、
ブエノスアイレスの宿で一緒にいた2組の夫婦が。


「お〜〜〜!!!」


感動の再会、2日連続。
なんかもう感覚が麻痺してしまう様な出来事。
ケータイもない、
メールでも連絡してない、
それなのに偶然会ってしまう。


その後にも、ブエノスアイレスでお世話になったご夫婦に再会。
来ることは知ってたけど、路上で再会。
いやー、すごい。嬉しい。


そんな彼らは豪華客船でのクルーズ中。
ブラジルのリオデジャネイロから出発してて、
南極を見に行けるルートで20日間の乗船。
今日は3時半まで自由時間。
こんな船。



ということで、
一緒に国立公園に行くことに。
こういう出会い、再会は大切にしたいもの。


時間はかかったけどレンタカーできて、
ちょっと離れた国立公園へ向かう。
通常は65ペソの入園料だけど、
アルゼンチンの学生証があると5ペソになる。
ここでもペリトモレノ氷河と同様の割引。


皆でわいわいしながら、楽しく観光。
まずは3号線の終わりを。



そしてロカ湖の見晴らしの良い場所へ。



あっという間に時間は過ぎて、
皆とのお別れの時間。
また会えること、お互い素敵な旅をすることを願ってお見送り。


レンタカーはそのまま引き継いで、
今の宿にいる人と斜めの木へ。
英語ではフラッグツリー。
風が強いからこんな風になってしまうとのこと。

結構な数がある。


久しぶりに運転したマニュアルの車。
久しぶりと言うか教習所以来の9年ぶり。
5回以上はエンストした。
でも面白かった。
これもまた良い思い出。


無事にレンタカーを返却して、
明日のための買物をして、
憩いの場である宿に戻って夕飯。
皆がオムライスの準備をしてくれてた。



今晩がウシュアイア最後。
存分に楽しんだ。


明日は5時半起き、6時過ぎに出発。
バスでは間違いなく爆睡。
でも移動時間は12時間。
24時間だと思ってたからちょっと残念。


残念と思ってしまう様な感覚になったのが面白い。


明日からチリ。
アルゼンチンとの違いが楽しみ。