Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



ペリトモレノ氷河。

予定通り、ペリトモレノ氷河へ。
今回の旅行の目的の一つ、大きな氷河。


氷河の観光としては、
氷河をトレッキングできるツアーがある。
カナダのコロンビア大氷原と一緒で、
とにもかくにも値段が高い。
1時間半のトレッキングツアーで500ペソ。
5時間のトレッキングツアーで720ペソ。


ということでバスで氷河を見に行くだけにした。
氷河までのバスの料金は往復で100ペソ。
カラファテの街からバスで1時間ちょっと、
朝の9時に出発して、10時過ぎに到着。
帰りのバスは夕方の5時。
6時間以上ある。


氷河の湖で船に乗ることも出来るけど、
氷河の近くまで行けるわけでもないので却下。


せっかくここまできているけど、
やりたいと思わなければやらない。
やらないで後悔するのはすごく嫌だけど、
やっても満足できないことはもちろんやらない。


氷河までのバスからの景色がきれい。
虹が見れた。

そして氷河に到着。


すごくでかい。


十分に満足できた。
ワインを飲みながら氷河を見る。
南米に来てから一番に幸せな時間。
果たしてワインを飲むことがOKかどうかは知らないけど、
こんなことが出来る場所はそうそうに無い。


時折崩れる氷河はすごい音。
小さな氷が落ちるだけでも銃声みたいな音。
大きなのが落ちた時にはすごい水しぶき。



ちなみに今回は旅館に居た韓国人2人と一緒に。
彼らとはそんなに話をしないから、楽で良い。
変な韓国人が途中で加わってきたけど、適当に3人でスルー。
むしろ1人の時間が一番良かった気もする。
やっぱり1人で旅行するのが合ってるのかな。


そんなペリトモレノ氷河への入園料は75ペソ。
通常は75ペソのはずだけど、今は75ペソだった。
ただし、学生証があれば8ペソになる。
ほぼ10分の1、ボッタクリとしか言えない。


そしてまたワインを2つ買って宿へ。
帰ってからご飯を食べて、
ちょっとゆっくりしてから皆で宴。
楽しい時間。


今日、カラファテに1週間居ることを決定した。
なので29日までは居ることに。
色々とお手伝いをしながらのステイ。
これもまた貴重な経験。


のんびりまったり、マイペースな年末を。