Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



雨の日のカラファテ。

今日の天気は雨、の予報。
朝起きたら晴れてる。
やっぱ予報は当たらないのかな。


なんて思いながら、
朝8時半、セントロへ出発。
目的はトラベラーズチェックの両替。


今回の旅行では現金を持ち歩くのが怖かったので、
8割をトラベラーズチェックで持ってきてる。
でも、そろそろ現金が無くなってしまうので、
そしてこれから年末年始なのもあり、
銀行や両替所の営業が当てにならないので、
ある程度の金額を変えておきたかった。


でもそこで難点が一つ。
トラベラーズチェックを現金化できる場所が少ない。


ブエノスアイレスみたいな大きな街ならともかく、
ボルソンやらチャルテン、カラファテでは
アメックスのサイトで検索する限り出て来ない。
ウシュアイアには確実に存在してるけど、
到着はクリスマスの後、
営業してる可能性はそれほど高くない。


ということで銀行巡り。
1つ目に行ってみたら、
首を振って「ノー」と言われ、
2つ目に行ったら、
「あぁ、T/C、ノー。」と言われ、
3つ目の銀行では、
「何それ、ユーロ?」と言われ、
「違う違う、T/Cだよ」と伝えると、
「T/Cならあそこで出来るよ」と教えてもらった。
意外とあっさり行き先が分かった。
優しいセニョールに感謝。


Thalerという両替所は日本円も両替可能で、
でももちろんレートは他の銀行に比べて悪いけど、
扱ってる外貨の数はどこよりも多かった。
場所はLa Anonimaの向かい側。


でも、T/Cのレートは極めて悪い。
ぼったくりじゃないかと思うくらい。
現金のUSドルであれば、
US1ドル3.955ペソで両替可能だけど、
T/CのUSドルの場合は
US1ドル3.710ペソで両替された・・・。
T/Cからの両替手数料が6%とられてる。
もちろんそれ以外に外貨の両替手数料が数%だから、
8%くらいとられてるってこと。
10,000円が9,200円になってしまった。
まぁ仕方が無い。
お金で買える安全は買っておくべきだし。


とりあえずUS200ドルだけ両替して、
あとはメンドーサかブエノスアイレスに戻るまで替えない。
でもチリに入ったらまたチリペソに替えないといけない。
T/Cは面倒くさい。
現金ってやっぱり便利だ。


そんなこんなの両替はさっさと済ませて、
太陽と雲の機嫌がいいうちにうちにまた散歩。
博物館を発見。


とても博物館には見えない。
けど、恐竜展をやってた。


そして雨が降ってきたので宿に戻ることに。
宿に戻ってからは読書にネット。
夕飯は韓国人の人たちと肉を一緒に食べた。



今は日本人よりも韓国人の宿泊客の方が多いので、
ハングルが飛び交う毎日。
バンクーバーを思い出す。


明日はペリトモレノ氷河へ。
今回の旅のメインの1つ、楽しみだー。