レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



土曜日はマーケットの日。

毎週土曜日、町の中心部のセントロでは
フリーマーケットみたいなものが開催。
もともとヒッピーみたいな生活をしている人が多いこの町、
アートをやってる人が多いので、こういうのがある。
週に3回あるらしいけど、土曜日が一番大きいとの事。


ロベルトは古本を売りに出してるということで、
今回はついでにイチゴも売りに出す予定だったけど、
ロベルトの体調があまり良くないらしく、
昼までの作業を終えて、一人で観光しにいく事に。


会場の行ってみたけど、近くまで行ってすぐに
ロベルトの友人のジムに会った。
彼には一度会ってたので、覚えていてくれた。


40代半ばと思われる彼はカナダから移民していて、
今日は同居してるイタリア人のダヴィデと古本を売ってた。
そこにお客さんとして来ていた彼らの友人の夫婦と一緒に
近所のアイスクリーム屋さんでアイスを食べて、
夫婦の奥さんの絵画教室の展示会に行く事に。


みんな英語を話してくれるから助かる。
たまにスペイン語が混じるけど。


こういう展開になるのが田舎の町のいい所。
海外のいい所、なのかな。
とにかくオープン、みんなウェルカム。
でも思い返せば大阪もそうだった、いい街だ。


絵画教室には15人くらいの生徒が居たようで、
といってもみんな奥様方、趣味の世界、
楽しそうに話をしながら時間を過ごしてた。
ここでは母が絵を描いてたのを思い出した。
世界のどこでも同じ様な日常がある。


で、結局メインのフリマ会場を見れてない。
なので来週リベンジ。


今日の出会いは楽しかった。
いつも同じ場所で作業をしてるから、
違う人たちと違う所へ赴く事が
新鮮でリフレッシュできるいい機会。
機会を作ってくれたロベルトに感謝。
そしてそれ以上に、親切に接してくれたみんなに感謝。


明日は仕事が完全に休み。
1人でフリーの1日はこれが初めて。