Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



Rio de Azulへの道のり。

今日も朝からイチゴ畑の整備。
自分の仕事のし易い様に、
少しずつ、簡単な事から、着々と改良。


そんな仕事に一段落つけて、
2時半から近くにあるという川、Rio de Azulへ。
アントワンも明日には出て行ってしまうとの事で
最後の思い出作りに行く事にした。


「川はすごく奇麗だから行っておいで!
 すぐそこ、10分で着くから!」
というロベルトのいう事なので30分くらいかと思いきや、
山を登って30分、

イバラの道を歩む事15分、

山を下って15分、
結局1時間かかって川へ到着。



読みが甘かった。




そんな道のりだと知ってたら
Tシャツにハーフパンツでなんて行かなかったのに。
お陰で手にも足にもトゲの傷跡。
アブみたいなのにも刺されるし、
初めて経験した長く険しい道のりだった。


でもそんな風にして到着した川は確かに奇麗。
水が冷たくて、上高地梓川を思い出す。


アントワンと1人ずつ記念撮影をするために
川の真ん中にある岩まで行くことに。
川の流れが結構きつくて
二人とも転んで川に浸かってずぶ濡れ。
だからこその楽しい時間。


素敵な思い出。


そんな帰り道はイバラの道を避けるため
ちょっと遠回りして帰る事に。
1時間半近くかかったけど、
怪我をするよりは大分増し。


帰ってからご飯を食べて、
疲れてはいたけどDVD鑑賞。
珈琲時光
一青窈浅野忠信


珈琲時光だけど、ワインと一緒に。
ペースがまったりなので、
色々な事を思い、考えながら
一人でほんわかする一時。


でも疲れに負けて、続きは明日に。
でもワインは空けた。
お酒は控えないと。