Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レンズの思考。

Lensの思考。

平和な日常を、気の向くままに。

2015年、無限の選択肢を狭めよう。



南米行きの準備中。

そろそろ悩ましい。
ものすごく悩ましい。


南米に行くと決めたのはいいものの
壁は沢山あるようで・・・。


今の予定では11月9日に出発。


バンクーバー → ブエノスアイレス(アルゼンチン)
ブエノスアイレス観光・ファームステイ
ブエノスアイレス → 南の方
南の方 → サンチアゴ(チリ)
サンチアゴ → モンテビデオ(ウルグアイ)
モンテビデオ → サンパウロ(ブラジル)
ブラジル国内観光・ファームステイ
サンパウロ → ニューオーリンズ(アメリカ)


この計画も、当初から大分変更されたもの。
とりあえず必要なのがブラジルのビザ。
大変なのもブラジルのビザ。


ブラジル大使館へ申請に行ったのはいいものの、即、却下。
申請書類のひとつにファームステイの事を書いてたことが原因。
ボランティアが目的なのであれば、観光ビザでは不可とのこと。
VITEM1というビザが必要になるけど、これがまた必要書類の多い事多い事・・・。


大使館のおじさんも、
「VITEM1は書類が多いし、集めるのは無理だよ。」
と一蹴。ひどい・・・親切だったけど。


ということで、完全に観光目的にスケジュール変更。
ついでに、せっかくだからリオのカーニバルも観れる様に
スケジュールを無理矢理に変更。
で、今日、申請してきた。


今日は今日で、
「なんでカナダに居るんだ?」とか
「どうやってこのビザを手に入れたんだ?」とか
「勉強も仕事もしないで、毎日何してるんだ?」とか
とにかくもう質問攻め。
ビザを持っていること、カナダに居られる事がおかしい、とまで言われた。


失礼な。


まぁ確かに毎日ぐうたら生活してはいるものの、
初対面の完全な第3者に、そこまで直球で言われるとショック。
ごもっともでもある訳ですが。


とりあえず書類もビザも受領してくれたので、
あとは月末の結果を待つだけ。
そういえば航空券のこと言われなかったなぁ。
大丈夫かな。大丈夫だろう。
もし下りなかったらアルゼンチンでとればいい。


アルゼンチンではWWOOFを使ってファームステイ。
登録料金はUS$38。
それも早く決めたい。
けど、まだホストリストが届かない。
早く来ーい。


アメリカの空港を使う時に必要になるESTAの申請も終わったし、
とりあえずあとは南米のルート検索。
ちなみにESTA、9月からUS$14かかることになってます。
ちょっと前に申請しておけば良かった。
悔しい。


バンクーバーは天気が悪くなってきております。